フィナステリド錠は前頭部の薄毛改善にも効果的です


フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアの有効成分としてよく知られています。プロペシアのようなフィナステリドを配合している男性型脱毛症の治療薬(フィナステリド錠)は、前頭部の薄毛を改善するのにも効果的ということです。

なぜフィナステリド錠に前頭部の薄毛を改善する効果があるかというと、フィナステリド錠には抜け毛のリスクファクターであるTGF-βの産生を抑制する働きがあるからです。フィナステリドは男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼの働きを阻害することで、抜け毛のリスクファクターであるTGF-βの産生を妨げるのです。

フィナステリド錠には前頭部の薄毛を改善する効果があります

フィナステリド錠には、男性型脱毛症の特徴でもある前頭部の薄毛(いわゆるM字ハゲ)を改善する効果が期待されています。ではなぜフィナステリド錠を服用することで、前頭部の薄毛を改善できるのでしょう。

その理由について知るためには、男性型脱毛症を発症するメカニズムについて知っておく必要があります。男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容器と結びつくことで起こります。

ジヒドロテストステロンとアンドロゲンレセプターが結びつくと、退行期誘発因子とも言われるTGF-βが産生され、ヘアサイクルが乱されて抜け毛の量を増やすのです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンがより強力になったものですが、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する際に、触媒としての役割を果たすのが還元酵素の一種である5α-リダクターゼです。

フィナステリドには5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があるため、男性型脱毛症の進行を遅らせたり、将来の薄毛のリスクを下げたりすることが可能となっています。

フィナステリドは2型の5α-リダクターゼの働きを阻害します

フィナステリドは男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があると言うことでしたが、実は5α-リダクターゼには1型と2型の2つの種類があります。1型の5α-リダクターゼは全身の皮脂腺に多く分布しており、2型の5α-リダクターゼは前頭部や頭頂部の毛包部に多く分布しています。

そのため遺伝的に1型の5α-リダクターゼの働きが活発な人の場合、皮脂が過剰に分泌され、男性型脱毛症を発症するリスクが高くなります。また2型の5α-リダクターゼが活発に働きく人の場合、前頭部や頭頂部の薄毛のリスクが高くなります。

男性型脱毛症の特徴としていわゆるM字ハゲやO字ハゲがあげられます。なぜ前頭部や頭頂部といった局所が禿げあがるのかというと、2型の5α-リダクターゼが活発に働きくからです。

つまり1型の5α-リダクターゼよりも2型の5α-リダクターゼの方が、男性型脱毛症のリスクを高めるという訳です。

フィナステリドが前頭部の薄毛改善に効果的なのは、フィナステリドが2型の5α-リダクターゼの働きを阻害するからなのです。

遺伝が原因の男性型脱毛症は全体の25%程度です


男性型脱毛症というと遺伝が原因だと考えられがちですが、全体で見ると遺伝が原因で男性型脱毛症を発症しているのは、およそ25%と考えられています。遺伝的に5α-リダクターゼの働きが活発だったり、アンドロゲンレセプターの感度が高かったりすると、男性型脱毛症を発症するリスクが高くなるということです。

ただ残りの75%は遺伝以外が原因となって男性型脱毛症を発症していることになります。遺伝以外の男性型脱毛症の原因としては、ストレス・不規則な生活・偏った栄養バランス・運動不足など、さまざまなことがあげられています。

中でも男性型脱毛症を発症するリスクを高めるのはストレスだということです。ストレスは万病のもとなどと言われますが、男性型脱毛症にとってもリスクファクターとなっています。

なぜならストレス状態が続くと、自律神経のバランスが乱れてしまうからです。自律神経のバランスが乱れると、血行が悪くなったり身体の回復機能が低下したりなど体にさまざまな症状が生じてしまいます。

(まとめ)フィナステリドは前頭部の薄毛改善にも効果的?

1.フィナステリド錠は前頭部の薄毛改善にも効果的です

フィナステリドには男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があるため、男性型脱毛症の特徴である前頭部の薄毛を改善する効果が期待されています。

2.フィナステリド錠には前頭部の薄毛を改善する効果があります

フィナステリドには男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。男性型脱毛症の特徴の1つが、前頭部に見られる薄毛です。

フィナステリド錠を服用すると、前頭部の薄毛改善効果が期待できます。

3.フィナステリドは2型の5α-リダクターゼの働きを阻害します

男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼには、1型と2型の2種類があり、より男性型脱毛症のリスクを高めるのは2型の方とだということです。フィナステリドには2型の5α-リダクターゼの働きを阻害し、前頭部や頭頂部の薄毛を改善します。

4.遺伝が原因の男性型脱毛症は全体の25%程度です

男性型脱毛症の原因というと遺伝をイメージしがちですが、実は遺伝が原因となって男性型脱毛症を発症するのは全体の25%程度です。

その他の原因はいろいろありますが、ストレスの存在が大きなウエイトを占めています。

薄毛でお悩みの方へ お薬による治療もあります。

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南AGAクリニック 新宿本院
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階
お問い合わせ 0120-548-911
院長 笠井 敬一郎医師