AGAとは

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」を略したもので、「Androgenetic」は「男性ホルモン」、「alopecia」は「脱毛症」のことを意味します。
日本語では、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)と呼ばれます。
日本では、およそ1,200万人以上の方が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)を原因としたものです。

一般的は30~50代の中年男性に多くみられる症状ですが、近年では20代をはじめとした若者のAGAも増えてきています。特にAGAは進行性がありますので、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

AGAとハゲはことなる?

AGA(男性型脱毛症)は成人男性の脱毛症であり、主に男性ホルモンや遺伝が原因です。
成人男性にみられるハゲは多くの場合「AGA」を指します。

なお、それとは別にAGA以外にも免疫機能の異常やアトピーが原因で起こる「円形脱毛症」、髪を結ぶ際に身毛の毛を引っ張る事が原因で起こる「牽引性脱毛症」などの疾患や、栄養障害・ストレスが原因となることもあります。

AGAの原因

毛髪は1本1本寿命があり、ある一定のサイクル(毛周期)にしたがって、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい髪が生えてくるというサイクルを繰り返します。正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることもありませんが、実はこのサイクルを乱す物質が存在します。それは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンです。

DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。アルファーリダクターゼにはタイプⅠとタイプⅡの二種類が存在し、それぞれⅠ型DHTとⅡ型DHTを生成します。

AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプⅡの5αリダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在してるのです。

通常、生えた髪の毛は2年~6年は維持されるはずなのですが、DHTタイプⅡが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。

そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えられています。TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種です。TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまうのです。

正常なヘアサイクル

正常なヘアサイクルの期間は、生えてから抜けるまで2~6年です。
古くなった髪は、新たに生えてきた髪によって押し出され抜けていきます。

正常なヘアサイクル

AGAのヘアサイクル

AGAが出現し、ヘアサイクルが乱れると通常のヘアサイクルより短い期間で、髪が成長しきる前に髪が抜け落ちます。
また、1日に抜ける髪の毛の量も増えるので、髪の量が減少します。

AGAのヘアサイクル

AGAの進行の仕方

ハミルトン・ノーウッド分類

AGAには7段階の進行度があります。ハミルトン・ノーウッド分類と言い、アメリカのハミルトン医師が作った7段階の分類です。この分類表を使って、現在のAGAがどのくらい進行しているのか、自分はどのタイプであるのかを確認し、その症状を把握したうえで症状に合ったベストな治療法を選択していくことができます。

額の左右の毛が抜け始めるM字型

ハミルトン・ノーウッド分類において、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型が該当します。
髪をかきあげた際など、額の左右が後退していることに気づき、発覚することも多くあります。AGAとしては初期段階ですが、放置することでU字型ハゲへと繋がる可能性があります。

頭頂部全体の毛が抜け始めるU字型

U字型ハゲは「Ⅱa型」「Ⅲa型」「Ⅳa型」などが該当します。
M字ハゲの進行と合わせ、頭頂部についてもAGAが進行することで額から頭頂部にかけて薄毛が目立つようになります。O型ハゲも合わせて進行することがあり、より早い段階で治療を進めるべき進行パターンだと言えるでしょう。

頭頂部の毛が抜けるO字型(つむじ型)

上記の図における「Ⅱ型vertex」や「Ⅲ型vertex」、「Ⅳ型」とそれ以降の型が該当します。AGAの初期はもちろん、かなり進行した状態でも分類されます。頭頂部は額と比較して気付くきっかけが少なく、ある程度進行してから気付くこともあるため、注意が必要です。

AGAの症例

AGA治療薬

他のAGA治療薬症例写真を見る

AGAの治療方法

AGAの治療方法

AGAの治療方法は大きくわけて下記の3つです。

  • フィナステリドの服用
  • 植毛(自毛植毛)
  • メソセラピー

有効成分フィナステリドの服用

フィナステリドとはAGAの進行を抑制する作用があり、日本の厚生労働省のような役割を持つ、アメリカのFDA(医薬品管理局)という機関にも認められている安全性の高い成分です。フィナステリドは、ヘアサイクルの乱れを治す働きをします。ヘアサイクルが正常な状態に戻ると、髪が早く抜け落ちたり、細くなる症状が改善されます。
AGAの進行を止めるには、フィナステリドの内服が必要になります。メソセラピーと自毛植毛は現在おこってしまっている薄毛部分を改善する事に役立ちますがAGAの進行を止める事はできません。

植毛(自毛植毛)

植毛とは髪の薄い部分に、人工の毛や自身の皮膚組織を植える施術のことをさします。
人工の毛を植える施術を「人工植毛」、自身の皮膚組織を植える施術を「自毛植毛」といいます。植毛の施術を行うことで、違和感なく髪が増えたように見せることが可能です。
特に自身の毛でおこなわれる自毛植毛は自分の毛ですから、抜けても生え変わり手入れもいりません。ただし、植毛をしてもフィナステリドを内服しなければ、植毛した毛だけが残り周りの毛が抜けていきます。

メソセラピー

メソセラピーとは、AGA治療に適した成分を直接頭皮に注入する施術です。
メソセラピーには副作用が少ない、内服薬のみと比べて効果を早く実感できるというメリットがあります。
ただし、メソセラピーをしてもフィナステリドを内服しなければ、AGAの進行を止めることができません。

このように一口にAGA治療といっても、AGAの進行具合により適切な治療法を選択することが重要になります。

湘南美容クリニック(AGAクリニック)のAGA治療の進め方

治療の進め方の細かな部分は主に、下記の流れで進行します。

  • 受付と問診
  • 医師による診察
  • 薬の処方や治療

受付と問診

ご来院いただきましたら、まずは受付へお越しください。
その後、抜け毛や薄毛について、状態を正確に把握するため問診を行います。

医師による診察

問診を終えたら医師による診察を行います。
どのような点が気になるのか、どのような仕上がり、効果を求めているのか医師へご相談ください。
患者さまのお悩みに合わせ医師が最適な治療方法をご提案いたします。

薬の処方・治療

方針が定まった後、薬の処方・治療を開始します。
薬の服用方法などは医師の指示を厳守ください。
また、医師との定期的な診察・検診をすることでより効果的な治療を行います。

なお、湘南美容クリニックでは厚生労働省が認めるオンライン診察を進めています。
初診からご来院いただかなくても、ご自身の都合に合わせ、いつでもどこでも診察を受けることが可能です。

オンライン診察についてはこちらよりご覧ください。

AGAオンライン AGAオンライン

AGA治療の期間

効果が出始めるまでの期間には個人差がありますが、3ヵ月〜6ヵ月程と言われています。

また、効果が出始めるまでの期間は3ヵ月~6ヵ月ですが、その後も継続することが大切です。その理由は、薬をやめてしまうと抜け毛の原因である男性ホルモンが再び働き始め、元の状態に戻ってしまうからです。

薬をやめるのではなく、症状の改善度合いにより、薬の量や種類を変えていくことがおすすめです。

薄毛治療一覧

AGA治療薬

手軽さと、予防にもつながることから当院でも人気治療となっております。担当医師が薄毛状態にベストマッチする内服薬及び外服薬を選択します。

毛髪再生メソセラピー

医薬品を超音波、レーザー等を用いて頭皮に直接浸透させる治療法です。産毛の状態の毛や細くて弱々しい毛を太くて強い成毛に育てることができます。

自毛植毛

自分の後頭部にある元気な毛を薄毛部分に移植する治療法です。後頭部から採取した毛髪は男性ホルモンの影響を受けないため、永続的な効果を実現できます。

ダブルマトリックス

毛根をいかに傷つけずに採取出来るかを追求した自毛植毛です。2段階切開法や傷跡を残さない縫合法によって、ご満足のいく施術をご提供いたします。

その他

幅広い治療でお客様に最適な選択が可能です。組み合わせることで相乗効果が期待できます。

女性の薄毛治療 髪の毛美しく若返る

ANDROGENETIC ALOPESIA湘南美容クリニックの
薄毛治療とは

AGAとはAndrogeneticAlopesiaの略称で訳すと、男性型脱毛症といいます。 その原因は男性ホルモン(Androgen)遺伝(Gene)が関係する薄毛(Alopesia)である事から、それぞれの頭文字をとってAGAと呼ばれています。

日本では1200万人、およそ成人男性の3人に1人が対象といわれています。AGAの特長として、前頭部や後頭部の髪がどちらか一方、または双方から症状がはじまります。 一般的にAGAは30〜50代の中年男性に多く見られますが、最近では若年化が進み20代でのAGAも増えてきております。男性の薄毛の80〜90%以上はAGAです。 決して人ごとではありません。進行性の脱毛症という特性から何も治療をせずに放っていると、髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が除々に目立つようになります。湘南美容クリニックは、このAGAに対し、薬・毛髪再生メソセラピー・植毛という3つの施術から患者様に最も適した施術を ご提案することができる、国内唯一の髪の総合クリニックです。

以前は薄毛は治りませんでした。しかし、経口AGA治療薬の登場により、薄毛は確実に治療できる時代になりました。また薄毛の進行具合によっては、経口AGA治療薬だけでは治療が困難な症例があることも分かってきました。薄毛の医学的治療には大きく分けて3種類あります。

  • ・薬による治療(内服薬 外用薬 毛髪再生メソセラピーなど)
  • ・自毛植毛
  • ・レーザー育毛、頭皮マッサージ、シャンプーなどの補助的治療

どの治療も有効ではありますが、それぞれ単独では完璧ではありません。 軽度な症状に対してはまずAGA治療薬が優先されますが、適切なマッサージなども重要です。 進行した薄毛には自毛植毛が必要な場合もありますが、自毛植毛をしても薬によるAGA治療は欠かせません。 つまり薄毛の状態に応じて3種類の治療の組み合わせを一人ひとりに適した治療の選択が重要なのです。 治療の結果が出た後は、様子を見ながらAGA治療薬の量を減らしたり、治療の頻度を減らしたり、患者様ご自身の意思で決めて頂けますので、 金額的な負担を少なくしていく事が可能です。AGA治療には、永続した薬の服用が必要になりますが、AGA薄毛治療の総合クリニックだからこそ、 様々な選択肢がありご自身で選択できるのです。

湘南美容クリニックでは、患者様の確かな実績と満足を第一優先に考え施術を行います。 そのため、無料カウンセリングやメール相談にも力をいれており、患者様のご満足に一歩でも近づくために日々努めております。 豊富な治療実績と治療内容、それにAGA治療に特化した医師が在籍し、専門的な視点から患者様へ適切なアドバイスを致します。AGA治療は簡単ではありません。ですが、いえだからこそ各種の優れた治療を組み合わせ一人ひとりの症状にあった最適な治療を選択する必要があるのです。 ところが世の中には、AGA治療薬を処方するだけのクリニックや毛髪再生メソセラピー専門クリニック、 自毛植毛専門クリニックなど単一の治療しか行っていないクリニックが多いのですが、3つの治療を全て行っているクリニックは殆どありません。どこのクリニックで治療を受けても同じだなんて言わせない、が湘南美容クリニックのモットーです。

AGAについてよくある質問

薬の服用する時間は朝にと説明を受けましたが、毎日服用する時間が同じであれば夜でもよいのでしょうか?

同じ時間であれば問題ありません。服用する時間が変わってしまっても大きな問題はございませんので、出来るだけ毎日服用することを心がけてください。

AGA治療薬と他の薬を同時に内服してもよいのでしょうか?

同時に内服されても問題ありません。ただし、AGA治療薬以外にも複数の薬を併用する場合は身体へ負担となることもあります。その場合は担当医師へご相談ください。

植毛の施術により、植毛した部分が硬くなる(突っ張る)という後遺症が残るという事を聞いたのですが、これはよく起こる後遺症なのでしょうか?

植毛の種類により異なります。ホールスリットという方法の手術であるとほぼ100%の確率で起こりますが、ラインスリットという方法の手術で行えば、多くの場合発生しません。