フィナステリド錠は原則として医療費控除の対象にならないです


男性型脱毛症の治療薬としてよく用いられているフィナステリド錠ですが、原則としてフィナステリド錠の購入にかかった費用は医療費控除の対象とはなりません。なぜなら男性型脱毛症は身体機能を損なうような疾患ではありませんし、審美目的でおこなわれるものだからです。

医療費控除の対象となるのは、原則として病気やケガの治療にかかった費用や薬代、病院まで通う交通費などです。男性型脱毛症は病気というよりは生理現象に近いため、病気や疾患とは認定されないのです。

フィナステリド錠は医療費控除の対象とならないです

フィナステリド錠の購入にかかった費用だけでなく、男性型脱毛症の治療にかかった費用や検査料金などが医療費控除の対象となることはありません。医療費控除の対象となるのは身体機能を損ねるような疾病の治療費などです。

医療費控除の対象となるものに関しては、厚生労働省が「医療費控除の対象となる医療費」に関する法令を策定しています。その第1項に、「医師又は歯科医師による診療又は治療の対価」があげられており、第2項には治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価があげられています。

これだけ見ると、男性型脱毛症の治療にかかった費用や、男性型脱毛症の治療薬を購入する対価も、医療費控除の対象となると思われるかも知れません。

というのも男性型脱毛症の治療は医師による診療ですし、男性型脱毛症の治療薬を購入することは、治療に必要な医薬品の購入に当たるからです。

ただ男性型脱毛症は命にかかわるような「疾病」ではありませんし、身体機能を損ねるような「ケガ」でもありません。そのため医療費控除の対象にならないだけでなく、男性型脱毛症の治療に保険が適用されることもないのです。

薄毛治療で医療費控除が認められるのは特殊なケースです


原則として男性型脱毛症や女性型脱毛症は自由診療となっており、治療費や医薬品にかかる費用や全額自己負担となっています。なぜなら男性型脱毛症や女性型脱毛症の治療は審美目的でおこなわれるものだからであり、その理由から医療費控除の対象にはなりません。

ただ薄毛の中には医療費控除の対象になるものもあります。たとえば円形脱毛症の治療や薬代は医療費控除の対象になります。

なぜなら円形脱毛症は関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどと同じく、自己免疫疾患の1つと考えられているからです。同様の理由で、円形脱毛症に対しては保険が適用されます。

また甲状腺の機能が低下することで、全身の代謝機能が衰え、疲れやすくなったり皮膚が乾燥したり、むくみが出たりするのとともに、抜け毛が増えるようなケースもあります。

そのような場合の薄毛は原疾患である甲状腺機能低下症の治療をおこなう必要がありますが、甲状腺機能低下症の治療はいわゆる「疾病の治療」に当たるため、保険が適用されますし、医療費控除の対象にもなるのです。

AGA治療は長期にわたっておこなう必要があります

男性型脱毛症のことをAGA(Androgenetic Alopecia)ということがあります。直訳すると男性ホルモンに由来する脱毛症となりますが、日本では男性型脱毛症と呼ぶのが一般的です。

日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症は「思春期以降に見られる進行性の脱毛症」と定義されています。つまり男性型脱毛症は壮年期や中年期だけでなく、10代後半や20代でも発症する可能性があるということです。

そして男性型脱毛症の厄介なところが「進行性」である点です。男性型脱毛症に対してなんら対策を講じなかった場合、薄毛は徐々にかつ確実に進行します。

そのため男性型脱毛症を発症してしまった場合、長期にわたって治療を受ける必要があります。一般的には男性型脱毛症の治療薬の服用を開始してから、3ヶ月から6ヶ月ほどで発毛効果が見られるということです。

ただしその時点で治療をやめるとすぐに元通りとなってしまいます。また発毛効果が見られたら、毛量を維持するために生活習慣を見直すことも重要です。

(まとめ)フィナステリド錠の費用は医療費控除の対象になる?

1.フィナステリド錠は原則として医療費控除の対象にならないです

フィナステリド錠の購入費用は、原則として医療費控除の対象となることがありません。なぜならフィナステリド錠は男性型脱毛症の改善に用いられるものですが、男性型脱毛症が身体機能を損ねるような疾病ではないからです。

2.フィナステリド錠は医療費控除の対象とならないです

フィナステリド錠の購入費が医療費控除の対象になることはありません。フィナステリド錠は男性型脱毛症の治療薬ではありますが、男性型脱毛症自体が命にかかわる疾患でも、身体機能を損ねるケガでもないからです。

同様の理由で保険適用もありません。

3.薄毛治療で医療費控除が認められるのは特殊なケースです

基本的に男性型脱毛症や女性型脱毛症の治療は審美目的でおこなわれるものなので、保険が適用されませんし、医療費控除の対象ともなりません。なんらかの疾患にともなって抜け毛がみられる場合、原疾患の治療費は医療費控除の対象となります。

4.AGA治療は長期にわたっておこなう必要があります

男性型脱毛症は進行性の脱毛症なので、発症した場合、速やかに治療を受けることが重要です。一般的には治療を開始してから3ヶ月ほどで治療効果が出始めますが、AGA治療は長期にわたっておこなう必要があります。

薄毛でお悩みの方へ お薬による治療もあります。

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南AGAクリニック 新宿本院
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階
お問い合わせ 0120-548-911
院長 笠井 敬一郎医師