フィナステリドには副作用もあります


フィナステリドには副作用もあります。フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬としてよく知られているプロペシアの主成分です。

プロペシアのジェネリックであるフィンペシアやフィナロなどにも、やはり有効成分としてフィナステリドが含まれています。そしてフィンペシアやフィナロにもプロペシアと同じ副作用のリスクがあるのです。

ただ副作用があるのはプロペシアやフィンペシア、フィナロなどに限ったことではありません。およそ化学的に製造された医薬品には必ずと言っていいほど副作用があります。

医薬品を用いることには必ずリスクが伴うのです。

フィナステリドを摂取することには副作用のリスクも伴います

男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアには主成分としてフィナステリドが配合されていますが、フィナステリドを摂取することには副作用のリスクも伴います。ただそれはプロペシアに限ったことではありません。

プロペシアをはじめとした化学的に製造された医薬品には、必ず主作用と副作用があります。主作用とは病気などによる症状を緩和したり、熱を下げたりする働きのことです。

つまり医薬品に期待される本来の働きのことを主作用と呼んでいる訳です。副作用は医薬品に期待される本来の目的以外の、身体にとって好ましくない働きのことを言います。

とは言うものの、ほとんどの医薬品は服用したからと言って重篤な副作用が出るようなことはありません。なぜなら医薬品ができるまでに何度も安全性などの試験をおこなっているからです。

基礎研究を終えた医薬品の効果や毒性などはまず、動物を用いた非臨床試験で確認されます。次に人間に対する安全性や効果を確認する試験がおこなわれますが、そのことを「治験」と呼んでいるのです。

治験を済ませた医薬品の安全性や有効性が医薬品医療機器総合機構において確認されると、晴れて製造・販売が許可されることとなるのです。ただ製造販売後も継続して有効性や安全性の調査はおこなわれます。

このように医薬品は厳格なチェックの下で製造・販売されているため、それほど大きな副作用が起こることはないのです。

フィナステリドの主な副作用は男性機能低下です


フィナステリドの主な副作用は、リビドー(性欲)の減退や勃起機能不全、射精障害や精子量の減少といった男性機能の低下です。これに関してはプロペシアの国内販売元であるMSD株式会社による調査結果があります。

MSD株式会社のおこなった臨床試験(48週にわたる二十盲検比較試験)によると、全276例のうち3例(1.1%)に性欲の減退が見られ、2例(0.7%)に勃起機能不全が見られたということです。またプロペシアの販売後もMSD株式会社では使用成績調査をおこなっています。

使用成績調査の結果によると、全943例のうち2例(0.2%)に性欲の減退が見られ、2例(0.2%)に肝機能障害が見られたということです。肝機能障害は重大な副作用ではあるのですが、それがプロペシアによるものなのかどうかは不明ですし、発症頻度も不明とされています。

ただ肝機能障害に関しては国内での発祥例はないということです。いずれにせよプロペシアの服用中に何か異変がみられた場合、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

フィナステリドは5α-リダクターゼの働きを阻害します

フィナステリドは男性型脱毛症の原因の1つである、「5α-リダクターゼ」と呼ばれる還元酵素の働きを阻害する効果があります。5α-リダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンがより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化する際、触媒としての働きをします。

ジヒドロテストステロンが増えるとヘアサイクルが乱れ、抜け毛の量が増えてきます。そのような毛穴が増えることによって、男性型脱毛症が進行してしまうのです。

5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があるのですが、フィナステリドは主に2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。2型の5α-リダクターゼは主に頭頂部や前頭部の毛包部に多く分布しています。

そのためフィナステリドによって2型の5α-リダクターゼの働きを阻害することができれば、頭頂部や前頭部に見られるいわゆる「O字ハゲ」や「M字ハゲ」の予防効果が期待できるのです。

(まとめ)フィナステリドには副作用がある?

1.フィナステリドには副作用もあります

男性型脱毛症の治療薬としてよく知られているプロペシアには、有効成分としてフィナステリドが配合されています。そしてフィナステリドには副作用もあることが分かっています。

ただ医薬品にはおおむね副作用があるものです。

2.フィナステリドを摂取することには副作用のリスクも伴います

フィナステリドを摂取すると副作用のリスクもありますが、それはなにもフィナステリドを主成分とするプロペシアに限ったことではありません。医薬品には必ず副作用があるものですが、厳格な審査を経て販売されているのでそれほど大きな副作用はありません。

3.フィナステリドの主な副作用は男性機能低下です

フィナステリドの主な副作用は男性機能の低下です。フィナステリドを摂取した1%から5%未満の人に性欲の減退が見られ、1%未満の人に勃起機能不全や射精障害、オーガズム異常などが見られるということです。

4.フィナステリドは5α-リダクターゼの働きを阻害します

フィナステリドには2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。それによって、男性型脱毛症に特有の前頭部や頭頂部に見られるM字ハゲやO字ハゲの改善効果が期待できるのです。

薄毛でお悩みの方へ お薬による治療もあります。

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南AGAクリニック 新宿本院
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階
お問い合わせ 0120-548-911
院長 笠井 敬一郎医師