フィナステリドで細毛化するようなことはないです


結論から言うと、フィナステリド錠を服用することによって、細毛化が進行するようなことはありません。フィナステリドは厚生労働省によってその発毛効果が公式に認められている有効成分の1つです。

男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)の代表的な治療薬として、よく知られているものに「プロペシア」がありますが、フィナステリドはプロペシアの主成分となっています。男性型脱毛症を発症すると、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちてしまいますが、プロペシアは抜け毛を予防するために用いられています。

つまりプロペシアのようなフィナステリド錠を服用すると、細毛化を防ぐことができるという訳です。

フィナステリドは細毛化を予防するための有効成分です

フィナステリドを配合したプロペシアのような治療薬は、細毛化を予防するために用いられる男性型脱毛症の治療薬です。もともとフィナステリドは男性に見られる前立腺肥大の改善や、前立腺がんの進行を遅らせるために用いられていました。

ところがフィナステリド錠を用いて前立腺の治療をおこなっていた人の多くに発毛がみられたことから、低用量のフィナステリド錠であるプロペシアが開発されたのです。フィナステリドには脱毛症の治療薬の原因である5α-リダクターゼの働きを疎外する効果があります。

5α-リダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化する際に、触媒としたの働きをするということです。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターと結合し、有害なサイトカインである「TGF-β」を産生します。

TGF-βは退行期誘発因子とも呼ばれており、髪の毛の正常な発育を妨げ、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちさせてしまうため、TGF-βが多く産生されると細毛化が進行してしまうのです。

フィナステリド錠を服用することで5α-リダクターゼの働きを阻害できるので、結果として抜け毛のリスクファクターとなるTGF-βの産生を抑制し、髪の毛の健全な成長を促すことが可能となっているのです。

フィナステリド錠の服用で初期脱毛が見られるケースもあります


フィナステリド錠の服用を開始すると、一時的に抜け毛の量が増えるケースもあります。そしてそのことを「初期脱毛」と呼んでいるのです。

インターネット上の男性型脱毛症に関する記事を見ていると、フィナステリド錠を服用することによって細毛化が進行するなどと書かれているケースがあります。なぜ細毛化を防ぐ目的で用いられるフィナステリド錠を服用することによって、かえって細毛化が進行するというのでしょう。

それは初期脱毛が起こることを、細毛化と勘違いしているのです。髪の毛には1本1本ヘアサイクルがあります。

ヘアサイクルとは髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの周期のことです。一般的にヘアサイクルは4年から6年程度とされていますが、髪の毛1本1本につきヘアサイクルは異なっているので、一斉に抜け落ちるようなことはありません。

ヘアサイクルが正常な場合、髪の毛が抜け落ちる頃には、下から新しい髪の毛が生えてきています。むしろ新しい髪の毛に押し出されるようにして、古くなった髪の毛が抜け落ちるともいえるのです。

フィナステリド錠を服用することによって新しい髪の毛が生えてくると古い髪の毛が抜け落ちるため、一時的に抜けの量が増えるという訳なのです。

フィナステリドとミノキシジルの併用で発毛効果を高められます

フィナステリド錠を服用しているときに、ミノキシジルを併用すると、発毛効果を高めることが期待できます。ミノキシジルはフィナステリド同様、厚生労働省がその発毛効果を認めている有効成分です。

ミノキシジルには血管を拡張し、血行を促進する働きがあります。血液は全身に酸素や栄養、白血球などを運んでいるので、血行が悪くなった場所は栄養状態が低下し、免疫力が落ちてしまうのです。

頭皮への血行が悪くなってしまうと、毛母細胞の分裂が不活発になり、髪の毛の成長に悪影響を与えてしまいます。また免疫力が低下することにより、外部の刺激から頭皮を守れなくなってしまいます。

そのような状態が続くことで頭皮環境が悪化し、結果として男性型脱毛症が進行することとなるのです。ミノキシジルによって血行が促進されると頭皮環境が改善し、髪の毛が丈夫に育つ土壌を整えることが可能です。

また血行が良くなることで、フィナステリドを効率よく頭皮に送り届けることもできるようになります。そのため発毛効果を高めることが期待できるのです。

(まとめ)フィナステリドで細毛化することはある?

1.フィナステリドで細毛化するようなことはないです

フィナステリドを配合したプロペシアのような男性型脱毛症の治療薬には、抜け毛を予防して髪の毛の健全な成長を後押しする働きがあります。フィナステリド錠を服用することで、細毛化が進行するようなことはありません。

2.フィナステリドは細毛化を予防するための有効成分です

フィナステリドには男性型脱毛症の原因である5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。それによって抜け毛のリスクファクターであるTGF-βの産生を抑制し、細毛化を防ぐことができるのです。

3.フィナステリド錠の服用で初期脱毛が見られるケースもあります

フィナステリド錠の服用を開始すると、一時的に抜け毛の量が増えるケースもあり、そのことを初期脱毛と呼んでいます。初期脱毛はフィナステリドによってヘアサイクルが改善されている証拠なのですが、それを細毛化と勘違いするケースがあるようです。

4.フィナステリドとミノキシジルの併用で発毛効果を高められます

フィナステリドとミノキシジルを併用すると、発毛効果を高めることが期待できます。なぜならミノキシジルには血行を促進する働きがあるからです。

血行が良くなれば頭皮環境が良くなり、フィナステリドを効率よく頭皮にとどけられます。

薄毛でお悩みの方へ お薬による治療もあります。

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南AGAクリニック 新宿本院
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階
お問い合わせ 0120-548-911
院長 笠井 敬一郎医師