フィナステリド錠を飲むのをやめると薄毛改善の効果が期待できなくなります


フィナステリド錠に関してですが、飲むのをやめるのは要注意です。なぜならフィナステリド錠の服用を中止してしまうと、それまでに得られた効果が失われてしまうからです。

一般的な医薬品の場合、症状が落ち着いたり病状の回復が見られた時に、薬の量を減らしたり服用をやめたりするのが普通ですが、フィナステリド錠のような男性型脱毛症の治療薬の場合は一般的な医薬品と同列に論じることはできません。

それには、男性型脱毛症という脱毛症の特殊性が関与しています。

フィナステリド錠は継続的に飲むことが重要です

一般的な風邪薬や病気の治療薬などと異なり、男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリド錠は、原則として継続的に服用を続けることが重要です。もちろん病気の治療薬の中には、生涯にわたって服用し続けなければならないものもありますが、フィナステリド錠はそれとは違った意味で、継続的に服用することが重要とされています。

なぜなら男性型脱毛症には「進行性」という特徴があるからです。日本皮膚科学会の策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、男性型脱毛症は「思春期以降に見られる進行型の脱毛症」と定義されています。

男性に見られる脱毛症というと、壮年期や中年期以降の人をイメージすることもあると思いますが、実際には思春期以降に発症する脱毛症なので、10代後半や20代でも発症する可能性はあるということです。また男性型脱毛症のもう1つの特徴として、進行性であることもあげられています。

つまり男性型脱毛症を発症した場合、なんら手を打たなかった場合、徐々にかつ確実に男性型脱毛症は進行することとなります。また治療を途中で終えると、再び男性型脱毛症が進行してしまうのです。

男性型脱毛症は不可逆性の脱毛症です


男性型脱毛症はちょっと難しい言い方をすると、「不可逆性」の脱毛症だということが可能です。不可逆性とは読んで字のごとく、さかのぼることが不可能という意味になります。

脱毛症にもいろいろありますが、たとえば円形性脱毛症の場合、治療をおこなうことで発症前の状態に戻すことが可能です。また抜毛症の場合も、根本的な原因を取り除くことによって、やはり発症前の状態に戻すことができます。

ところが男性型脱毛症の場合、治療をおこなったとしても、発症以前の状態に戻ることはありません。ここが少しややこしいのですが、発症以前の見た目に戻すことは可能です。

たとえば30歳で薄毛が気になって、フィナステリド錠を服用するなど、男性型脱毛症の治療を開始したとします。半年ほどすると治療効果が現れ、髪の毛の量が増えてくることでしょう。

それは、本来であれば30代の時点で生えているであろう毛髪の状態に近付いただけのことです。男性型脱毛症による薄毛が根本的に治ったという訳ではありません。

仮に40歳でフィナステリド錠の服用をやめたとしましょう。その場合、髪の毛の状態は、30歳の治療開始時点に戻るのではありません。

30歳の段階で治療しなかった場合に、「40歳になったときにおそらくこれくらいの毛髪量になっていたであろう」という状態になるのです。現実でいうと、「一気に脱毛が進む」こととなります。

これが、「男性型脱毛症が不可逆性である」ということの意味です。

フィナステリド錠の男性型脱毛症改善率は98%~99%です

国内で用いられている代表的なフィナステリド錠としては「プロペシア」がよく知られています。プロペシアの国内販売元であるMSD株式会社のデータによると、プロペシアを服用することで、男性型脱毛症の98から99%が改善可能であるということです。

フィナステリドと同様、厚生労働省によって「発毛効果がある」と認められている成分にミノキシジルがありますが、ミノキシジルの発毛効果は90%と言われています。

日本皮膚科学会ではフィナステリドとミノキシジルについて、男性型脱毛症の治療薬として「強く勧める」Aランクに分類されており、この両者の発毛効果がいかに高いかを示唆しています。

フィナステリド錠を1年間継続して服用した場合、58%の人が発毛効果を実感しており、40%の人が現状維持効果を実感しているということです。このパーセンテージは服用年数によってどんどん上がっていき、フィナステリド錠を3年間にわたって服用した場合、78%もの人が発毛効果を実感し、20%の人が現状維持効果を実感しているということです。

(まとめ)フィナステリド錠を飲むのをやめるとどうなる?

1.フィナステリド錠を飲むのをやめると薄毛改善の効果が期待できなくなります

フィナステリド錠のような男性型脱毛症の治療薬は、一定の効果がみられたからと言って、途中で服用をやめることには注意が必要です。なぜなら男性型脱毛症は風邪やその他の疾患とは異なった特徴を有しているからです。

2.フィナステリド錠は継続的に飲むことが重要です

男性型脱毛症の治療薬の1つであるフィナステリド錠は、継続的に服用することが重要です。なぜなら男性型脱毛症には進行性という特徴があるからです。そのため服用を途中でやめた場合、再び男性型脱毛症の進行が始まるのです。

3.男性型脱毛症は不可逆性の脱毛症です

男性型脱毛症には不可逆性という特徴もあります。治療をおこなわなかった場合に進行するのはもちろんのこと、治療を中断すると一気に抜け毛が進むこととなります。なぜなら年齢相応の毛髪量になるからです。

4.フィナステリド錠の男性型脱毛症改善率は98%~99%です

フィナステリド錠を継続的に服用した場合、発毛効果や現状維持効果はどんどん高くなっていきます。また日本皮膚科学会でもフィナステリドに関して、男性型脱毛症の治療に強く推奨するとしています。

薄毛でお悩みの方へ お薬による治療もあります。

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南AGAクリニック 新宿本院
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階
お問い合わせ 0120-548-911
院長 笠井 敬一郎医師