福田教授

横浜国立大学 大学院工学研究院 教授 福田 淳二Fukuda Junji

日本経済新聞にも
福田教授の毛髪培養に関する研究が
取り上げられました!

「髪の毛の種」を大量生産?!

〜毛髪再生医療の実現に向けて〜

毛包を量産するための課題とは

髪の毛は、皮膚にある毛包(もうほう)と呼ばれる器官から産生されます。男性によく見られる男性型脱毛症などを治療する方法として、毛包に含まれる細胞を移植するという研究は、比較的古くから行われてきました。そして最近、これらの細胞を塊(毛包原基)にして移植することで、効率よく毛髪を作り出す毛髪再生医療の手法が考案されました。しかし、毛包原基を作製する際に、顕微鏡で見ながら細胞を操作しなければならず非常に手間のかかるものでした。脱毛症の治療には、何千本という単位で毛包原基が必要ですので、大量に作製する技術が大きな課題となっていました。

培養器に施した構造的な工夫

毛包原基とは、毛包に含まれる上皮系細胞と間葉系細胞という2種類の細胞を、ちょうど「雪だるま」のようにそれぞれ塊の状態にしてくっつけたものを呼びます。この毛包原基を大量生産するための突破口となったのは、培養器の工夫でした。通常、細胞培養器にはガラスやプラスチック製の平らなシャーレを用いますが、酸素を通しやすいシリコーンゴムを用い、底に無数の小さなくぼみのある特殊な構造にしたのです。これに2種類の細胞を混ぜたものを入れると、一つ一つのくぼみで細胞同士が自然に集まり塊を作ります。さらに3日間ほど培養すると、2種類の細胞が塊の中で勝手に分かれ、雪だるまのような毛包原基が自然と作られます。こうして大量に作製された毛包原基を皮膚に移植すると、そこから毛髪が生え、さらに抜けて生えてという自然な毛周期を繰り返すことが、動物実験で実証されました。

毛包原基の大量調製法を用いた毛髪再生医療〜高効率で実現性の高い毛髪再生医療技術を開発します〜

毛包原基の移植により再生した毛髪

福田教授は、上記の技術シーズをもとに、医療機関等と連携し、ヒト治療に必要な数千個の毛包原基を調製する技術、毛包幹細胞※2を毛髪再生能力を維持したまま大量に増殖させる技術、毛包原基を精密に移植する技術を開発し、毛髪再生医療の実現に取り組みます。

※1 毛包:毛を生み出す器官。
※2 毛包幹細胞:毛包を形成・再生させる 2 種類の細胞。

この毛髪再生の実現に向け、AGA新宿院では
植毛手術の際に、患者様の同意を得て
毛包を提供しています
AGA新宿院 院長 笠井 敬一郎医師
AGA新宿院 院長 笠井 敬一郎医師

AGA新宿院

  • 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階
  • ・JR、小田急線、京王線 新宿駅 南口より徒歩4分
  • ・JR新宿駅 新南口より徒歩3分
  • ・都営大江戸線、京王新線、都営新宿線
  • 新宿駅 A1出口より徒歩1分

0120-548-911

診療時間/AM10:00~PM7:00 予約制

地図


pagetop
全国共通 0120-489-100
全国共通 0120489-100

ただ今大変混み合っております。
WEB予約をおすすめいたします。