斎藤浩一
湘南AGAクリニック大阪院 院長

斎藤(さいとう) 浩一(こういち) 院長

Koichi Saito

薄毛治療を筆頭に、「確実に結果を出す!」「その方の生活の質を改善する医療を提供する!」、これが私の信念です。医療は決して病気を治し健康を守るためだけにあるものではないのです。
いろいろなコンプレックスや老いの悩みも医療技術でまるで魔法のように改善できるものがあります。長年、自由診療の分野で生きてきた医師としての知識と経験で取捨選択した生活改善医療を行っています。
また、最新医療もいち早く取り入れ、この分野の発展のために好奇心旺盛に活動しています。
どんなお悩みでも構いません。お気軽にご相談ください。私の今まで蓄えた、たくさんの引き出しからあなたのお悩みを解決できる方法を探し出します。

経歴

1994年三重大学医学部卒業、同付属病院脳神経外科入局
2001年大手美容外科勤務、院長職
2009年湘南美容外科クリニック勤務
2016年湘南AGAクリニック大阪院勤務

備考:
日本美容外科学会専門医(JSAS)
(元)日本脳神経外科学会専門医
日本臨牀毛髪学会正会員
サーマ・クール認定医

実績:
2015年:一般発表 日本美容外科学会
2018年:論文発表 日本美容外科学会誌 54(1):8-11
斎藤浩一ら「当院における薄毛治療患者の統計とまとめ」

井上 健太郎
湘南AGAクリニック大阪院

井上(いのうえ) 健太郎(けんたろう) 医師

Kentaro Inoue

医師として、また私自身も薄毛の遺伝に悩む一人の患者として、最新の毛髪治療を皆様にお届けしたいと考えております。
髪の毛は決して命に関わるものではありませんが、現代社会においての役割は非常に大きなものです。
湘南美容外科では内服治療から植毛治療、最先端治療まで取り揃えており、一人一人の進行具合やご希望に合わせて最適な方法をご提案させていただきます。
私にできる限りのお手伝いをしていきますので、一人で悩まず是非カウンセリングにお越しください。一緒に改善策を考えていきましょう!

経歴

2015年大阪市立大学 卒
大阪市立大学卒後臨床研修プログラム
社会医療法人三栄会ツカザキ病院(外科・麻酔科)
2016年大阪市立大学医学部付属病院(形成外科)
2017年湘南美容外科クリニック
小割 健太郎
湘南AGAクリニック大阪院

小割(こわり) 健太郎(けんたろう) 医師

Kentaro Kowari

こんにちは。小割健太郎と申します。
私は、AGAをはじめとして、男性の美容治療を専門に行っています。
昔と違って、髪を切るのに、理容院ではなく美容院に通う男性が増えています。それだけ、男性の美意識が向上しているということです。
美容医療でも男性の方の利用が増えています。ヒゲやムダ毛の脱毛に来院されるのは当たり前のようになり、ニキビの治療や二重瞼の相談に来られるお客様も珍しくありません。
なかでも私は、AGAの治療を得意としており、沢山のお客様に喜んでいただいています。AGAは、早期に診断し、適切な治療を行えば、高い確率で改善させることができます。
最初は勇気がいるかもしれませんが、当院は男性のお客様が大半となっており、気を楽に通って頂けるものと自負しておりますので、安心してお越しください。
ご来院を心よりお待ち申し上げます。

経歴

2005年島根大学卒業
2005年島根大学病院
2007年益田赤十字病院
2011年一般財団法人 岡山旭東病院
2016年社会医療法人 さくら会病院
2019年湘南美容外科クリニック入職